こんにちは!
 
 
外壁塗装JAPANのブログ担当です!
 
 
今日の名古屋は雨が凄かったですね!?
 
 
みなさん、大丈夫でしたか?
 
 
久々の本格的な雨といった感じで梅雨もピークになったきましたね。
 
 
 
それでは、雨にも負けず、ブログを更新していきたいと思います!
 
 
さて、前回から保証内容について説明していますが、今日は自社保証についてです。
 
 
自社保証とは?
 
 
その名の通り、施工した業者が自社で保証する内容のことです。
 
 
ですので、会社によって全く違います。
 
 
業者によっては、保証ゼロの会社もありますので注意しましょう。
 
 
ちなみに、外壁塗装JAPANの保証内容は、10年無料補修、年1回の無料点検がありますので、
 
 
凄く安心です!
 
 
それ以外にも、JIOの第3者保証もあります。
 
 
なんか今日は宣伝の様になってしまいましたが、次回は第3者保証について説明したいと思います。
 
 
 
 
それでは、引き続き、外壁塗装JAPANを宜しくお願いします!
 
 

 
 
おはようございます!
 
 
外壁塗装JAPANのブログ担当です!
 
 
名古屋も段々と蒸し暑さが増してきましたね。
 
 
名古屋の夏は厳しいですから、皆さん、体調管理には気を付けて下さいね。
 
 
 
それでは、今日は外壁塗装の保証内容について話をしたいと思います。
 
 
保証内容は非常に大事です。
 
 
契約するときだけ良いこを言って、その後の保証がしっかりしていないと大変なことになりますから、
 
 
契約時にしっかりとチェックしてください。
 
 
その保証にも種類があって、自社がするものと、第3者がするものがあります。
 
 
自社はもちろんのこと、第3者につても加盟団体によって保証内容が変わってきます。
 
 
ですので、両方ともに内容を確認する必要があります。
 
 
また、業者によっては第三者保証がない場合がありますので、
 
 
その場合は要注意です。
 
 
 
明日は、保証内容について等の詳しい話をしていきますね。
 
 
それでは、今日も一日、頑張りましょう!!
 
 
外壁塗装JAPANのブログ担当でした。
 
 

 
 
こんにちは!
 
 
外壁塗装JAPANのブログ担当です!
 
 
今日の名古屋の天気は、雨も止んで良かったですね。
 
 
 
それでは、今日から外壁塗装の契約内容などについてお話していきます。
 
 
突然ですが、みなさんクーリングオフってしってますか?
 
 
聞いたことがある人も多いと思いますし、知ってる人も多いですよね。
 
 
そうです、契約解除のことです。
 
 
契約してから8日間であれば解約できるというルールです。
 
 
これは、消費者向けの契約であれば基本的に適用されます。
 
 
ただ、事業者間の契約については適用されませんので、注意して下さい。
 
 
事実に反する虚偽あったり、契約不履行な内容があれば、
 
 
クーリングオフ期間を過ぎても、当然解約は可能になります。
 
 
外壁塗装は高額な契約ですから、そもそも、契約時は慎重に業者を選ぶ必要があります。
 
 
また下記のケースではクーリングオフが不適用となります。
 
 
・お客様が自ら業者を呼んだ場合
 
 
・お客様の意思で業者に足を運んで契約した場合
 
 
・3,000円未満の現金取引
 
 
・過去1年間に、その業者との取引実績があった場合
 
 
・クーリングオフ期間を過ぎた場合(正しい契約書での契約に関して)
 
 
・日本以外の場所で契約をした場合
 
 
以上です。
 
 
明日は保証についてお話したいと思います。
 
 
引き続き、外壁塗装JAPANのスタッフブログを宜しくお願いしま~す!
 
 

 
 
おはようございます!
 
 
外壁塗装JAPANのブログ担当2号です!
 
 
今日の名古屋は雨、風で荒れています。
 
 
やっと梅雨入りといった感じですが、皆さん、外出の際は気をつけて下さいね。
 
 
 
前回までは助成金(補助金)の話をしてきましたが、
 
 
それ以外にも屋根塗装であれば、お金を負担してくれる制度があります。
 
 
皆さん、ご存知でしょうか?
 
 
それは、屋根塗装での火災保険なんです。
 
 
台風などの影響で損害を受けた場合の話になります。
 
 
火災保険には風災といわれる内容の特約があります。
 
 
それに入っていれば、補修費の全額か一部が支払われます。
 
 
一度、皆さんが加入されている火災保険の付保内容を確認しみて下さい。
 
 
もし、火災保険に加入させれていない場合は必ず入った方がいいです。
 
 
屋根、外壁のことだけでなく、万が一の保証は大事ですからね。
 
 
 
 
名古屋は少し雨が止んできたようですね。
 
 
それでは、引き続き、外壁塗装JAPANのスタッフブログをよろしくお願いします~!
 
 

 
こんばんわ!
 
 
外壁塗装JAPANのブログ担当です!
 
 
今日の名古屋は暑かったですね、、。
 
 
もう真夏を思わせるような暑さでした。
 
 
いつも以上に疲れた気がしますが、そんな疲れはぶっ飛ばし!ブログを更新したいと思います!
 
 
前回、助成金と補助金の話をしてきましたが、今回は、それを受けるために話をしたいと思います。
 
 
ただ外壁塗装をしたからといって助成金が受けられるわけではありません。
 
 
前回もお話した通り、塗料の問題があります。
 
 
遮熱塗料、断熱塗料を使う必要があります。
 
 
要するに、エコリフォームをするリフォームとして認められなければいけないのです。
 
 
また、建物の築年数、耐震基準を満たしているか?なども条件に入る場合があります。
 
 
この辺は助成金によって変わってきますので、しっかりと情報収集をしましょう。
 
 
今日は以上です。
 
 
引き続き、外壁塗装JAPANのスタッフブログを宜しくお願いします~!
 
 

 
こんにちは!
 
 
今日も外壁塗装JAPANのブログを更新をしたいと思います!
 
 
前回は外壁塗装で受けられる助成金についてでした。
 
 
今回は助成金と補助金についてです。
 
 
皆さん、違いって分かりますか?
 
 
同じに感じますよね。
 
 
外壁塗装の場合はこんな感じです。
 
 
助成金の場合、特定の塗料を使う等のの条件を満たす必要があります。
 
 
それ以外は特にないのでハードルは低いと思います。
 
 
補助金の場合は、受給のための審査があって、合格した場合のみの受給となります。
 
 
なので補助金の方がハードルは高いですが、その分、受給額も高いようです。
 
 
どちらにしろ、条件は各自治体によって変わってきますので、情報収集が大事です。
 
 
返す必要がなく、お金で補助してもらえるのであれば願ったり叶ったりですよね?
 
 
 
さて今回はこれぐらいにしておいて、次回も引き続き、助成金(補助金)の話をしていきます。
 
 
名古屋の外壁塗装JAPANを宜しくお願いします~!
 
 

 
こんにちは!
 
 
外壁塗装JAPANのブログ担当です!
 
 
今日の名古屋は暑いですね~
 
 
30度超えてるんじゃないでしょうか!?
 
 
皆さん、熱中症にはくれぐれも気を付けてくださいね。
 
 
 
それでは、今日は助成金についてお話したいと思います。
 
 
外壁塗装で助成金なんて受けられるんでしょうか?
 
 
はい、受けられるんです!
 
 
これは各自治体によっても変わってきますので、よく情報収集する必要があります。
 
 
外壁塗装だけでなく、リフォーム全般として受けられることが多いです。
 
 
外壁塗装は、個人としては結構大きな出費になりますよね?
 
 
ですから、使えるものは使った方がいいです。
 
 
また補助は助成金と補助金に2種類があります。
 
 
次回はその違いについてお話したいと思います。
 
 
 
それでは、引き続き、外壁塗装JAPANブログを宜しくお願いします!
 

 
おはようございます!
 
 
外壁塗装JAPANのブログ担当です。
 
 
名古屋は、梅雨入りが噓のような清々しい1日ですね!?
 
 
それでは、今日もブログを更新していきたいと思います。
 
 
 
前回に引き続き、屋根と外壁塗装についてです。
 
 
そして、今回は同時にするメリットについてお話します。
 
 
何が良いか?と言えば費用なんです。
 
 
というのも足場を組み立てるのが1回で済みますので、その分の費用が浮くんです。
 
 
大体、足場の費用は15万円前後かかりますので、それを1回のみで終わらせることが出来ます。
 
 
こういったメリットを出すためには、塗料も屋根と外壁で同じをものを使うと良いでしょう。
 
 
ですので、新築を建てる段階で先のメンテナンスのことを想定して考えることをお勧めします。
 
 
以上、屋根・外壁塗装を同時にするメリットでした。
 
 
 
それでは、引き続き、外壁塗装JAPANのスタッフブログをよろしくお願いします!
 
 

屋根と外壁

2017.06.09

 
こんにちは!
 
 
名古屋の外壁塗装JAPANです!
 
 
今日の名古屋は暑いですね~
 
 
昨日と違って寒暖の差を感じますので、みなさん、体調管理には気を付けて下さいね。
 
 
 
それでは、今日は屋根と外壁をトータルで考えるお話です。
 
 
当たり前ですが、新築の時は屋根も外壁も同じ時期に塗装されます。
 
 
ですから、多少環境の違いによって変わりますが、屋根も外壁も同じペースで劣化していきます。
 
 
そして、屋根も外壁も同じ塗料を使っています。
 
 
なので、屋根も外壁も塗り替えの時期は、ほぼ同じになってくるんですね。
 
 
同時期に塗り替えをやることでメリットもあるんです。
 
 
次回は、そのメリットについて説明したいと思いま~す!
 
 
 
引き続き、名古屋の外壁塗装JAPANを宜しくお願いします!
 

 
こんにちは!
 
 
午後からは名古屋も晴れてきましたね!
 
 
梅雨入りはまだなんでかね?
 
 
外壁塗装にとっては雨は難敵ですから気になるところです。
 
 
 
それでは、今日は屋根塗装の時期についてお話していきます。
 
 
やはり、雨は屋根塗装にとっても難敵なんです。
 
 
ですから、今の時期、5月~6月は避けた方が良いかもしれませんね。
 
 
逆に言えば、7月~4月が適していると言えます。
 
 
これは、外壁でも同じことですが、気温が低すぎたり、湿度が高すぎるのは良くありません。
 
  
 
目安では、気温5度以下と湿度85%以上だと止めた方がいいですね。
 
 
この辺りをちゃんと見極めてくれる業者でないといけません。
 
 
あまり良くない業者ですと、利益優先で時期を度外視したりするので要注意です。
 
 
 
当然、外壁塗装JAPANでは天候とにらめっこしながら、
 
 
しっかりと時期を選定していきますので、ご安心ください!
 
 
次回は屋根と壁を合わせたお話をしたいと思います。
 
 
はっ、どういう意味?と思うかもしれませんが、次回をお楽しみにしてください!
 

1 / 212
  • 見積り無料!!今すぐご連絡下さい!!カンタン!スピード見積り
  • カンタン!スピード見積り!
    お名前必須
    電話番号必須
    メール必須

    ※見積り依頼したからといって、弊社で契約する必要はありません。

    ※不愉快なセールは一切しませんので、ご安心ください。

メールフォームは24時間受付中
  • 愛知県
  • 対応エリアのご案内

    刈谷市、大府市、東海市、知多市、豊明市、高浜市、碧南市、常滑市、半田市、東浦町、武豊町、阿久比町、美浜町、南知多町を中心に、名古屋市内(名古屋市千種区、名古屋市東区、名古屋市北区、名古屋市西区、名古屋市中村区、名古屋市中区、名古屋市昭和区、名古屋市瑞穂区、名古屋市熱田区、名古屋市中川区、名古屋市港区、名古屋市南区、名古屋市守山区、名古屋市緑区、名古屋市名東区、名古屋市天白区)など、愛知県全域ご対応致します。